地域の転職情報 | 2018年3月19日

山形で金融業界へ転職!知っておきたい業界事情と山形の金融機関

これさえ読めば失敗しない!
転職に役立つノウハウ&
お役立ち情報を配信中!

金融・保険業は安定性があり、平均年収も高い傾向にあることから全国的に人気の業種の1つでしたが、ここ数年金融業界をめぐる環境は大きく変わってきています。

「金融業界=安定」と考えて安易に転職先を決めてしまうと、後悔することにもなりかねません。

また、金融業界といえば銀行のイメージが強いですが、証券会社や保険会社なども金融業の領域です。

今回は金融業界の領域とともに、現在の業界事情や、山形の金融機関を紹介します。

金融業界への転職を考えている人は必見です。

1.金融業界の領域はどこまで?

金融業界は銀行を筆頭に、信用金庫・信用組合、証券会社など幅が広いです。
また、保険会社も金融業と考えられています。ここでは、特に知名度の高い4業種について紹介しますが、信販会社も金融業の一種です。

銀行

銀行の種類は全国展開するみずほ銀行三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などのメガバンクから、地方密着型の地方銀行までさまざまです。

規模の大きさこそ違いますが、仕事内容に大きな違いはありません。

行員の多くは法人や個人宅を回る外回り営業、または窓口で来店客を対応する事務を担当しますが、融資や金融商品の企画を担当することもあります。

安定性や給与水準が高いことが魅力と長年いわれてきましたが、昨今はリストラが進み、必ずしも安泰とはいえません。

信用金庫・信用組合

信用金庫は地域の中小企業や個人を取引先とし、相互扶助を目的とした金融機関です。

社会的な利益を優先にしているため、地域密着型の営業を行っています。

信用組合も仕事内容は似ていますが、組合員資格や業法が信用金庫と異なります。信用金庫の預金口座は比較的誰でも作れるのに対し、信用組合は組合員しかなれないため顧客が限定されがちです。

信用金庫・信用組合は地元で知名度が高いため、営業しやすいメリットがある反面、銀行と比較すると規模が小さく給与水準も低い傾向にあります。

証券会社

投資家にとって馴染み深い証券会社の仕事内容は多岐にわたります。
顧客の売買注文を取り次ぐブローカー業務、そして自身の資産を運用して利益を受けとるディーラー業務が主な仕事内容です。

他にも、顧客の資産を管理・活用するアセットマネジメント業務や、有価証券を投資家に売るセリング業務もあります。

大手証券会社は主に資産運用に関する知識が身につきます。その反面で、顧客に損失を与えてしまうリスクも高く、精神的なプレッシャーはかなり大きいといえるでしょう。
そのため金融業界の中では比較的高年収です。

保険会社

生命保険や傷害保険をはじめ、さまざまな保険を取り扱う保険会社。
セールスレディのイメージが強いですが、請求内容を審査したり保険金を支払ったりする事務業務も多くあります。

大手から中小の保険会社までさまざまなので、自分の働きやすい職場を見つけられます。保険の多様化に加え、インターネットでも購入しやすくなったことで顧客獲得の競争率が高くなっている点がデメリットです。

2.知っておきたい金融業界の転職事情

昨今、改革が進められている金融業界事情と、銀行間の転職事情を紹介します。

今後の金融業界の懸念材料は

これまでは「金融業界=安定」のイメージが根強く残っていましたが、昨今ではその常識が薄れつつあります。

2017年に入ってから、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行のメガバンク3社が店舗と人員の削減を目指し、リストラを敢行することを発表しました。AIをはじめとするIT技術の発展による業務のスリム化が、リストラに至ったきっかけとされています。ちなみに、3社を合計すると約32,000人もの行員がリストラに合うと予想されています。

今後はフィンテックの導入でさらなるスリム化が進み、ますます行員のリストラが進みそうです。

また、現在はメガバンクのみがリストラを発表していますが、地方銀行や信用金庫・信用組合もリストラを敢行する可能性が高いとささやかれています。

参考元:産経ニュース「3メガバンク計3.2万人分業務“大リストラ”&店舗縮小、一斉表面化のワケ」http://www.sankei.com/premium/news/171108/prm1711080002-n1.html

銀行間の転職は要注意!

同業界に転職する金融業界出身者は非常に多い傾向にありますが、銀行間の転職には不文律が存在するといわれています。

例えば、「退職後数年は他行に移れない」や「第二地銀から第一地銀には転職できない」「ライバル地銀へは転職できない」などです。

銀行同士のつながりだけではなく、それぞれの銀行にある文化や社風によって不文律が生まれているのかもしれません。

転職活動を始める前に、確認しておく必要がありそうです。

確認するまでわかりませんが、万が一に備えて証券会社や保険会社まで転職の視野を広げてみましょう。金融機関以外にも経理や財務などに転職する方が多いようです。

3.山形に本社を構える金融機関を一挙紹介

ここでは、山形県内に本社を置く金融機関を紹介します。

(1)荘内銀行

  • 本社の所在地:山形県鶴岡市
  • 業種:金融業(地方銀行)
  • 平均年齢:36歳11カ月
  • 従業員数:860名
  • 店舗数:87(本支店:81、出張所:6)

荘内銀行は第六十七国立銀行を前身として、明治11年(1878年)に創業しました。平成21年(2009年)に北都銀行(秋田県秋田市)と経営統合し、フィデアホールディングスグループとして、銀行業務、クレジットカード業務、投資業務、システム開発などを行っています。

参考:「荘内銀行」https://www.shonai.co.jp/

(2)山形銀行

  • 本社の所在地:山形県山形市
  • 業種:金融業(地方銀行)
  • 平均年齢:39.2歳
  • 従業員数:1,333名
  • 店舗数:81(県内:70、県外:11)

第八十一国立銀行(明治11年創業)の業務継承を目的に、山形銀行の前身である両羽銀行が明治29年(1896年)に創立しました。昭和50年(1975年)に東証第一部上場を果たし、グループ会社とともに、銀行業務、リース業務、クレジット業務、財産管理業務などを行っています。

参考:「山形銀行」http://www.yamagatabank.co.jp/

(3)きらやか銀行

  • 本社の所在地:山形県山形市
  • 業種:金融業(第二地方銀行)
  • 平均年齢:40.6歳
  • 従業員数:971名
  • 店舗数:118(県内:99、県外:18、その他:1)

平成19年(2007年)に殖産銀行と山形しあわせ銀行が合併し、きらやか銀行が誕生しました。平成24年(2012年)に仙台銀行(仙台市青葉区)と経営統合し、じもとホールディングスグループとして、銀行業務を中心にリース、クレジットなどの金融サービス事業を行っています。

参考:「きらやか銀行」https://www.kirayaka.co.jp/

(4)信用金庫

  • 山形信用金庫(山形県山形市、店舗数:14)
  • 米沢信用金庫(山形県米沢市、店舗数:13)
  • 鶴岡信用金庫(山形県鶴岡市、店舗数:18)
  • 新庄信用金庫(山形県新庄市、店舗数:9)

(5)信用組合

  • 北郡信用組合(山形県村山市、店舗数:11)
  • 山形中央信用組合(山形県長井市、店舗数:8)
  • 山形第一信用組合(山形県東置賜郡高畠町、店舗数:7)
  • 山形県医師信用組合(山形県山形市、店舗数:1)

(6)証券会社

  • 山形證券株式会社(山形県山形市、店舗数:3)
  • 荘内證券株式会社(山形県酒田市、店舗数:6)

4.まとめ

時代の流れで変わりつつある金融業界ですが、待遇や仕事内容に魅力を感じている人はまだまだ多いのではないでしょうか。これから金融業界への転職を考えている人は、自分のスキルを活かして働ける金融機関を見つけましょう。

金融機関はヘッドハンティングによる人材採用も多く、金融機関の求人案件は多くはありません。

ヒューレックスは東北6県の地方銀行と提携している転職エージェントなので、金融機関の求人も取り扱っています。

ヒューレックス」で転職するなら、まずはカンタン1分!こちらからご登録を!

 

【おすすめリンク】

これさえ読めば失敗しない!
転職に役立つノウハウ&
お役立ち情報を配信中!
コメントを見る

おすすめ求人

RECRUIT

コメント

COMMENT

コメントする場合は下記のフォームに必要事項を入力してください。